備忘録 MacBook Pro 環境構築

2019.01.26 MacBook Pro購入。(MPXQ2J/A)

Apple Store京都にて。

13インチモデル。(Touch Bar非搭載/メモリ8GB/SSD128GB)

初期状態バックアップ

一応、Macは簡単に初期化出来るが念のため、購入直後のバックアップもとっておく。

現時点での使用容量は、システム16.4GB、アプリケーション4.4GB、音楽制作2.6GB、しめて23.4GBなり。

今のところ、95GB近くも空いているが、どこまで容量をやりくりできるか・・・

2019.01.27 やることピックアップ

1.新Macでも使うソフトをピックアップ

  • Google日本語入力
  • フリーのウィルス対策ソフト
  • クラウド関係(Googleドライブ、OneDrive、Adobe Creative Cloud)
  • ブラウザ(Google Chrome、Firefox)
  • FileZilla
  • Chatwork
  • Office 365
  • Adobe関連(Photoshop、Illustrator、XD)
  • Xcodeはどうするか考える
  • Visual Studio Code
  • GIMP
  • Bandwidth+(もしくは代替の通信量チェッカー)
  • mi(もしくはシンプルで良さげなテキストエディタ)

2.Thunderbirdのプロファイル移行

大事なメールはメイン機のThunderbirdの方にあるが、念の為Macの方もプロファイルごと移行する。

ディレクトリごとまるっとコピーするので、TimeMachine経由でMBAからMBPにコピーできそうだが、念の為クラウドにもコピーしておく。

1-1.移行元のMacから以下のディレクトリを探してクラウドにコピー

  1. Thunderbirdのメニューから、「ヘルプ」>「トラブルシューティング情報」
  2. 「プロファイルフォルダ」から「Finderで表示」
  3. 「xxxxxxxx.default」のディレクトリを丸ごとコピーし、クラウドのローカルフォルダに貼り付け
  4. 同期が完了するのを待つ

やることはディレクトリのコピーだけなので、Finderやターミナルからコピペの操作でも良さそう。

その場合は、「Users/(Macのユーザー名)/Library/Thunderbird/Profiles」に行くとよい。

1-2.新しいMacでThunderbirdをインストールする

1-3.新しいMacにプロファイルのディレクトリをコピーする

1-4.Thunderbirdの設定ファイルを編集する

3.FileZillaの設定を移行

3-1.設定のエクスポート

「ファイル」>「エクスポート」>下記にチェックを入れて「OK」

  • サイトマネージャエントリーをエクスポート
  • 設定をエクスポート

FileZilla.xmlをクラウド等に保存しておく。

3-2.FileZillaを新Macにインストール

3-3.設定をインポート

Please follow and like us:
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です