弐号機 Ubuntu化

これまで事務所においてて、徐々にセットアップを進めていた弐号機だが、自宅に持って帰ることにしたので、これを期にOSを入れ替えてみる。

別にそのままでも良いんだが、Softbank Air のポート開放が出来ないので、完全に『自宅内』サーバーになり、初号機と並行して構築作業をするってことが出来なくなるので、同じOSにしておくメリットもあまりなくなった。

ならば、普及している割にはほとんど触ったことのない、Ubuntu にしてみるか、ということで。

 

1.仮想環境で手順確認

まずは、仮想マシンで手順を確認。使うのはUbuntu Server 18.04.02 LTS版。

サーバーとデスクトップでisoが分かれてるのは少々めんどくさい。あと、デスクトップ版は有志が日本語化済みのisoを配布してくれているが、サーバー版にはない模様なので、英語でインストールしていく。

1.言語の選択

ここで日本語は出てこないので、英語で先に進む。

2.キーボードレイアウトの選択

ここではなぜか日本語が選択できるので、Japaneseを選択して先に進む。

3.インストール実行

「Install Ubuntu」を選択。

4.ネットワークの設定

DHCP経由になっているが、そのまま「Done」を選択。

5.プロキシの設定

空欄のまま「Done」を選択。

6.Ubuntu のアーカイブミラーサイトの設定

そのまま「Done」を選択。

7.ファイルシステムのセットアップ

実機ではないので、ここでは「Use  An Entire Disk」を選択。

8.ホスト名、ユーザー名の設定

9.SSH の初期設定

ここで SSH をインストールしておく。

10.サーバーパッケージの選択

ここでもいろいろ選択できるようだが、一旦スルーして先に進む。

最後まで進んだら再起動をかける。

 

2.OneDriveの検証

弐号機は自宅用のファイルサーバーが主目的になりそうなので、Ubuntu でOneDrive を導入できるか先に仮想環境で検証する。

使うのはこれ:https://github.com/abraunegg/onedrive

1.依存パッケージのインストール

  • libcurl
  • SQLite
  • D言語のコンパイラ
  • build-essential
$ sudo apt install build-essential
$ sudo apt install libcurl4-openssl-dev
$ sudo apt install libsqlite3-dev
$ curl -fsS https://dlang.org/install.sh | bash -s dmd
$ sudo apt install libnotify-dev
$ source ~/dlang/dmd-2.085.1/activate
$ git clone https://github.com/abraunegg/onedrive.git
$ cd onedrive
$ ./configure
$ make clean; make;
$ sudo make install
$ onedrive
  Authorize this app visiting:
 
  https://...  ## ここに表示されるURLにブラウザでアクセスして、OneDriveのアカウントで認証する。すると、白紙のページが最終的に表示されるので、下記に入力。

Enter the response uri: (ここに認証が通った後の白紙のページのURLを入力)

上記の操作で、onedrive の初回起動時にブラウザでのアクセス>認証が必要になるが、必ずしもサーバー実機でブラウザを起動する必要はないようで、ターミナル経由で操作しているなら、クライアント側のブラウザでアクセスしても良い模様。

$ onedrive --synchronize --verbose --dry-run
Using Config Dir: /home/iwakiri/.config/onedrive
No config file found, using application defaults
DRY-RUN Configured. Output below shows what 'would' have occurred.
Initializing the OneDrive API ...
Opening the item database ...
All operations will be performed in: /home/iwakiri/OneDrive
Initializing the Synchronization Engine ...
Account Type: personal
Default Drive ID: c3962b7c1ee7baf
Default Root ID: C3962B7C1EE7BAF!103
Remaining Free Space: 977571569674
Fetching details for OneDrive Root
OneDrive Root does not exist in the database. We need to add it.
Added OneDrive Root to the local database
Syncing changes from OneDrive ...
Applying changes of Path ID: C3962B7C1EE7BAF!103
Processing 236 changes
Creating directory: ドキュメント
(以下略)

仮想マシンに OneDrive のデータを放り込むわけにもいかないので、上記のコマンドでファイル名やディレクトリ名を取ってこれているので、疎通できているということにしよう。

3.実機へのインストール

予め検証しておいた手順を踏まえ、実機にインストール。

変更点は、ネットワークの設定を固定IPにした点と、パーティションの設定くらい。

MBPのターミナルから、Air ターミナル経由でSSH接続も問題なく出来た。

*Ubuntu−−<有線>−−Air ターミナル−−<無線>−−MBP

これで今後はMBPから一通りの操作ができる。

 

 

Please follow and like us:
error
タグ: #
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です