ブログ

Font Awesome終了のお知らせ?

Font Awesome といえば、無料で多種のWebフォント(アイコン)が使える非常に使い勝手の良いサイトだったのだが、突然ユーザー登録が必須になってしまった。

しかも、ごく最近そうなったのか、急遽こういう仕様にしたのか、認証周りバグだらけ。

仕方ないので、メールアドレスを入力してメールで届いた確認リンクをクリックするのだが、そのアドレスにアクセスしても、高確率でエラーになる。

そうなってしまうと、同じメールアドレスで再登録することも出来ない。

何度か試してみると、パスワード設定画面まで到達して、パスワードを設定したものの、そのパスワードでログインできない。

こ...

続きを読む

弐号機 VirtualBox + Vagrant


https://www.virtualbox.org/wiki/Linux_Downloads
https://obel.hatenablog.jp/entry/20170423/1492915051
https://news.mynavi.jp/article/20190227-777688/
https://www.vagrantup.com/downloads.html
https://qiita.com/manabuishiirb/items/3a97851d7e90286f6002
http://vboxmania.net/content/vbo...

続きを読む

参号機 Visual Studio Code からNASのGitにpush

一応、先日の記事の手順で、Visual Studio Code からNASに構築した Git サーバーに対して、pullもpushも出来るようになったが、鍵ファイルが使えてないし、コマンドでpull/pushして毎回パスワード入力すれば出来るけど、「変更の発行」ボタンが使えない。これではいささか不便。また、パスフレーズありの鍵ファイルにすると、Visual Studio Codeで「変更の発行」をしたときにパスフレーズ入力する手段がないので、具合が悪いらしい。

ということで、鍵ファイルを使った接続にリトライしてみる。

参考

https://reincarnation-pl...

続きを読む

事務所NAS gitサーバーの構築


http://nuneno.cocolog-nifty.com/blog/2016/08/synology-nasd-1.html
https://gist.github.com/walkerjeffd/374750c366605cd5123d

1.NASにGit Serverをインストールする


DSMのパッケージマネージャーから、Git Serverを探してインストールする。Gitlabが使えるという情報もあったが、情報が古いのか、DS418jが対応してないだけなのか、ともかくGitlabはインストール出来ない。Git Server自体はインストールできるので、...

続きを読む

初号機 データ領域のバックアップ

初号機のシステム部分はmondoレスキューでバックアップを取るようにしたが、データ部分が全くノータッチなので、NAS に初号機バックアップ用のフォルダを切ってそこにバックアップしていく。

https://hackers-high.com/linux/rsync-backup-part2/

まずは、NAS で smb と NFS をONにする。(以前に弐号機から事務所 NAS にアクセスしたときに両方ONにしないと接続できなかったのでそうしている。)
1.初号機に必要パッケージのインストール
# yum install nfs-utils cifs-utils rsync
...

続きを読む

弐号機 自宅NAS化 ひとまず運用開始

Ubuntu 19.04 Desktop を入れた弐号機に、Synology Drive をインストールして事務所NASと同期させ、その事務所NASはCloud Sync を入れて OneDrive と Google Drive と同期させている。

弐号機には samba を入れて、MacBook Pro からは、samba 配下のディレクトリをマウント。

これで、間接的ながら、MacBook Pro と OneDrive が同期できたことになる。

もともと MacBook Pro には OneDrive を入れていて、ファイルオンデマンド機能で必要なファイルだけを同期するよ...

続きを読む

弐号機 自宅NAS化 リスタートその2

とりあえずUbuntuを再インストールしただけなので、いろいろと設定をしていく。

同じ Ubuntu なので概ね一緒とは思うが、バージョンをあげているので、確認しながら進めていく。
1.root のパスワード
$ sudo su -
# passwd
Enter new UNIX password: (新パスワード)
Retype new UNIX password: (新パスワードをもう一回)
passwd: password updated successfully
2.パッケージの最新化
$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade
...

続きを読む

弐号機 自宅NAS化 リスタート

一旦、Ubuntu 18.04.02 LTSで構築しかけた弐号機だが、構成を見直し、再度セットアップすることに。

ストレージの構成は以下とした。

256GB SSD
500GB HDD(2.5インチ)
1TB HDD(3.5インチ)

シルバーストーンの小型ケースなので、これが限界。

同じUbuntu 18.04.02 LTSで構築しても良かったんだが、どうせ1年経ったら次のLTSバージョンが出るはずだし、そこまでクリティカルなサービスをこのサーバーで立ち上げるわけでもない。

事務所NASとのデータ連携を考えたら、Synology Driveは入れた...

続きを読む

事務所NAS 一応復旧

一通り、事務所NASから必要なデータをバックアップし終えて、NASの再起動&ファイルシステムチェックを行ったところ、数十分かかったものの、特に問題なく再起動したので、ボリュームも拡張し、NASの容量は拡張できた。

が、ストレージプールの拡張で今回のたぐいのエラーが起きてしまうようなら、今後の方針も考えないといけない。

足りなくなったらディスクを追加する、というスタンスではなく、4TB HDDをもう一本追加してしまったほうが、リスクを減らせるのかも・・・

再構築でRAID破損は結構あるあるだが、ストレージプールの拡張も結局同じことなのか。

データがいろいろNASに溜まって...

続きを読む

初号機 環境構築 その10 Docker、Redmine

不要サービスを切るなどをしたかったんだが、取り急ぎ、Redmine を試しに使ってみたいので、初号機に Docker を入れて使ってみることにする。
1.依存パッケージのインストール
ホントは、device-mapper-persistent-data と lvm2 も必要だが、既に入っているので割愛。
# yum install -y yum-utils
2.リポジトリの追加
# yum-config-manager --add-repo https://download.docker.com/linux/centos/docker-ce.repo
3.Docker のインストー...

続きを読む