弐号機 LAMP環境の導入

いろんな実験・テスト用の環境については、Docker や VirtualBox + Vagrant を使うとしても、やっぱりホスト側にもある程度の環境はあったほうが良さげ。

例えば、Excel では(データ量的に)手におえないようなデータの集計・分析を行ないたいときには、DB を使ったほうが速い。(レンサバのアクセスログの分析とか)

一般的なレンサバなら、apache のアクセスログはテキストで落とせるかと思うので、件数によっては Excel でも対応できるんだが、数万件を超えてくると途端に Excel ではキツくなってくる。(まあ、Excel を使うPCのスペックの問題もあるが)

しかしながら、いくら DBMS を使ったところで、仮想環境じゃあ多少キツイ。(MBP上の Docker に作った MySQL だと正直キツかった)

余分な仮想マシンを介さない、Linux 上の Docker なら、Mac + Docker + MySQL よりははるかにマシだとは思うが・・・

まあ、あって困るもんじゃないし、弐号機に LAMP環境を立ててみる。MySQL だけでもいいっちゃいいのだが、データの投入はともかく、SQL を使っていろいろ集計するには、phpMyAdmin 無いとキツイ。phpMyAdmin を使うには、apache も PHP も必要なので、必然的に LAMP 環境を作ることになる。

1.apache のインストール

$ sudo apt install apache2
$ apache2 -v
Server version: Apache/2.4.38 (Ubuntu)
Server built:   2019-04-03T18:31:46
$ systemctl status apache2
● apache2.service - The Apache HTTP Server
   Loaded: loaded (/lib/systemd/system/apache2.service; enabled; vendor preset: enabled)
   Active: active (running) since Wed 2019-06-05 00:30:33 JST; 3min 27s ago
     Docs: https://httpd.apache.org/docs/2.4/
 Main PID: 7955 (apache2)
    Tasks: 55 (limit: 4915)
   Memory: 6.1M
   CGroup: /system.slice/apache2.service
           ├─7955 /usr/sbin/apache2 -k start
           ├─7956 /usr/sbin/apache2 -k start
           └─7957 /usr/sbin/apache2 -k start

 6月 05 00:30:33 home-server systemd[1]: Starting The Apache HTTP Server...
 6月 05 00:30:33 home-server apachectl[7907]: AH00558: apache2: Could not reliably determine the server's fully qualifie
 6月 05 00:30:33 home-server systemd[1]: Started The Apache HTTP Server.

設定はあとから必要に応じて行う。インストール直後でもサービスは立ち上がっているので、MBPからブラウザで弐号機にアクセスすると、apache2 のデフォルト画面が表示される。

 

2.MariaDB のインストール

MySQL でも MariaDB でもどっちでも良かったんだが、リポジトリにある MySQL は5.7系。MariaDB は10.3 系。メジャーバージョンの番号だけでは比較できないが、Ubuntu 19.04 でより最新に近いものが使えるのは MariaDB の方なのでそちらを入れる。

$ sudo apt install mariadb-server
$ sudo vi /etc/mysql/mariadb.conf.d/50-server.cnf
----
#character-set-server  = utf8mb4 
character-set-server  = utf8  # コチラに変更
#collation-server      = utf8mb4_general_ci  # コメント化
----
$ sudo systemctl restart mariadb
$ sudo mysql_secure_installation
#### root のパスワード設定
Change the root password? [Y/n] Y
New password:
Re-enter new password:

#### 匿名ユーザ削除
Remove anonymous users? [Y/n] y

#### リモートからのrootログイン抑止
Disallow root login remotely? [Y/n] y

#### テストDB削除
Remove test database and access to it? [Y/n] y

#### 権限テーブルのリロード
Reload privilege tables now? [Y/n] y

All done!  If you've completed all of the above steps, your MariaDB
installation should now be secure.

Thanks for using MariaDB!
$ sudo mysql -u root -p
Enter password:
Welcome to the MariaDB monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MariaDB connection id is 45
Server version: 10.3.13-MariaDB-2 Ubuntu 19.04

Copyright (c) 2000, 2018, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.
MariaDB [(none)]> show databases;
+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
+--------------------+
3 rows in set (0.001 sec)

3.PHP関連のインストール

$ sudo apt install php php-mysql libapache2-mod-php
$ php -v
PHP 7.2.17-0ubuntu0.19.04.1 (cli) (built: Apr 18 2019 18:01:25) ( NTS )
Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
Zend Engine v3.2.0, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies
    with Zend OPcache v7.2.17-0ubuntu0.19.04.1, Copyright (c) 1999-2018, by Zend Technologies

4.phpMyAdminのインストール

$ sudo apt install phpmyadmin

apache2を選択して[Enter]

「はい」を選択。

phpMyAdmin用のパスワードを設定。

 

これで、ブラウザから「http://[サーバーのホスト名or IPアドレス]/phpmyadmin」でアクセスすると、phpMyAdminの画面が表示される。

 

これで、一応は LAMP 環境が揃ったことになる。

Please follow and like us:
error
タグ: # # # #
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です